ディーズルーフィングシステム 軽量鋼板 自然石

カラーベスト屋根のカバー工法リフォーム

古いカラーベストの上から新しい屋根材を載せるカバー工法は工事期間が短く低コストでできるのが最大のメリットです。

周囲への配慮を徹底します

足場と養生をしっかりすることで、ご近所と道路を保護します。

屋根面一面隙間なく防水シートのルーフィングを敷き詰めます。

屋根を流れる雨を綺麗に流すように谷板を取り付けます。

台風に強く雨音を和らげる施工

屋根材をメーカ指定の取り付け方法で施工していきます。

正確な取り付けをすることで、屋根材が性能を十分に発揮します。

雨をシャットアウト

屋根面の繋ぎ目を木材で補強し棟包でカバーします。

屋根裏換気システム

屋根裏換気することで天井裏の熱気と湿気を取り除きます。

 

屋根面を全て記録

屋根材が適切に施工されているかを記録します。

業者間の連携確認

写真は足場が屋根材の適切な場所に設置されているかの確認です
ディーズルーフィングシステムは強度が非常に高い屋根材ですが
足場を載せる際は指定された場所に設置しなければなりません。

この確認を怠ると折角の屋根材にキズやヘコミができる可能性が出てきます。

屋根のリフォームには、足場業者、屋根業者など複数の業者が仕事をします。
もちろん業者間の信頼関係は「報告・連絡・相談」をすることで綿密にしておりますが
お客様の屋根を仕上げるためにチェックと確認を徹底しております。

仕上げの確認

屋根面の仕上がり確認を記録します。