この度、12月21日(月)午前10時から熊本工業高校校長室にて、卒業生で組織する熊工経営同友会(創立37周年・会員59名)第11代会長として、コロナ感染対策・自動検温付きAI顔認証端末器2台を、熊本工業井上校長と熊工寮舎監長高森先生にそれぞれ1台づつ寄贈させて頂きました。コロナ禍の中にあって感染防止対策で大変苦慮しておられる中、冬場のインフルエンザの流行にも憂慮されているとのことで、少しでも母校のお役に立つべく会員の賛同のもと、今回の寄贈となりました。熊工の今後益々のご発展と、在校生の皆様のご健勝と、ご勝活躍を心からご祈念申し上げます。

1.井上学校長への贈呈

 

2.熊工寮舎監高森先生への寄贈

3.熊工経営同友会役員6名と井上学校長・隆盛寮舎監長

 

4.自動検温付きAI顔認証端末器寄贈。